HOME>イチオシ情報>授乳クッションの適した使用方法をチェック!

授乳クッションの適した使用方法をチェック!

女性とベビー

赤ちゃんのクッションにしてママの負担を減らせる!

何の道具も使用せずに、一日に何度も授乳をしていると、人によっては肩こりや腰痛になります。授乳経験をしたことがある方なら、大半の方が、辛い体験をしているのではないでしょうか。赤ちゃんは軽いといっても、横抱きにしてみると、意外と重いです。そこでお勧めの商品があります。授乳クッションです。まずはいつもの様に、授乳をする形をとります。赤ちゃんと、授乳者の膝の間に、授乳クッションを敷きます。ただこれだけで、腕で赤ちゃんを支える必要がなくなりますので、かなり楽になります。また、このクッションは授乳者だけではなく、赤ちゃんの首などにも優しい設計になっています。腕の疲れや、腰痛がある方は、一度試してみてください。

赤ちゃん

赤ちゃんのお座りにも使える?

出産が近い方にお勧めの商品があります。それは、授乳クッションという物です。これがあると無いとでは、授乳する際の負担が全く違います。赤ちゃんと授乳する方の間に挟むだけですが、赤ちゃんを腕の力で支える必要がなくなる為、すごく楽になります。その上、授乳以外にも使用することができます。また、お座りの練習にも使用することができます。窪みがありますので、その位置に赤ちゃんを座らせます。左右後ろはクッションがありますので、まだ、お座りが安定していない赤ちゃんを、絶妙にサポートしてくれます。自転車の補助輪みたいな物です。気づいたらうまく座れるようになっています。赤ちゃんにもママにも優しいクッションですので、ぜひ使用して欲しいです。